2014年10月24日金曜日

ライトリグ!アジ狙い

 

 
10月23日(木) 22:00 ~ ホンハム ~
 
 
 
 
 
 
こんな私でも

一応はアジ・メバル・などの

魚を狙う為の
 
ライトリグを持っている。
 
1g前後~5g前後 
 
 
 
最近、非常に便利になったなと思う
 
インターネットの世界。
 
 
ローカル香港人たちが
 
彼方此方で釣りをし、その釣果を載せた写真が
 
何時も送られてくる。
 
 
その中の、ある一枚の写真に
 
家の近くで釣った
 
『 アジ 』 が写っていた。。。。。
 
 
そういえば、
 
全然使ってないな、ライトリグ。。。。。
 
 
普段から大味な釣りが好きな私だが
 
今回は、この写真を見て
 
数グラム程度のジグヘッドと
 
2000番の小型リール・ウルトラライトロッドの
 
存在を眠り起こしてくれた。
 
 
 
到着したのは
 
Iさんが何時も行く所。
 
ホンハム バスターミナル 
 エサ釣りする人が多い。
 
 
 
 
 
先ず、驚いたのは
 
夜景が凄い。
 
『 此処って、こんなに綺麗だったけな!? 』
 
 写真だと判りづらくなるが、現場は中々凄い絵。
 迫力のある、ライティング
綺麗だ。
 
 
 
 
しかし、風が。。。
 
ライトリグの天敵の猛攻にあう。
 
 
 
こりゃ、駄目だ。
 
 
奥側まで歩いていくか。
 

 
潮目の角の場所
 
餌師の群れ。
 
 
後ろ、ランニングする人達多し。
 
 
 
『 出来ん。 』
 
 
 
 
バスターミナルの方まで戻り
 
 
極力風が吹いていない所で
 
餌師の間をぬって
 
再開することにした。
 
 
暫く此処で粘ったのだが
 
何にも反応が無く
 
敢え無く退散する事にした。
 
 
 
 
しかし、
 
一つ面白い収穫があった。
 
 
それは、
 
 
シャッターが閉まっている筈の
 
埠頭の中に人が入り込んて
 
釣りをしているのを
 
昔から見ていて不思議だった事だ。
 
 
『 ボートで渡してもらったのか? 』
 
『 縄使っても入れそうもないしな? 』
 
『 乗り越える事は出来そうもないし? 』
 
『 どうやって入り込んだんだ? 』
 
 
周りをよく観察しても、入れる様な感じではなく
 
どうやって侵入を図ったのかが不明だったのだが

偶然にも出て来た人達を見る事ができ
 
やっと、その謎が
 
『 解明 』 されたことだ。
 
 

 
 
『 ふむふむ。なるほどな。 』
 

 

 
 

当日の釣果 :

坊主

使用タックル :

リール : バンキッシュ2000

ライン  : PE0.6号

ロッド   : クロスビート

ルアー : ライトリグ・アジ用ワーム



 

2 件のコメント:

  1. で、どうやって侵入したの?
    もちろん次回、侵入する記事を書いてくれるんだよね♪

    返信削除
  2. あれは、中国を感じさせる侵入の仕方だからねー。
    真似する人が居ると、危険だからNG!!!

    返信削除